要注意!シェアハウスに向かない女子の特徴3点


シェアハウスと賃貸、どちらもメリットとデメリットがあって、悩んでしまいますよね。
どちらが良いか決められない!という方のために、シェアハウスに住むのに向かない人の性格をまとめてみました。

1.友達を自宅に呼びたい人

友達を呼んでホームパーティしたい!という人には、普通の賃貸がおすすめです。

入居者以外の人間を入れてわいわい騒げるシェアハウスはほぼありません。

宿泊ももちろんNG!

例外的に、外部の人も呼んで大人数でパーティをやることが多いシェアハウスや、

事前に申請すれば同性ならOK、というシェアハウスもありますが、

基本的には防犯や騒音トラブルの観点から禁止されているところが多いようです。

知り合いとルームシェアをしているという後輩(女性)がいるのですが、ルームシェア相手が

別の友人たち(男性を含む)を呼んで朝まで飲んで騒がしくすることがよくあるそうで、

トラブルになっていました。

朝起きて自分の部屋を出たら、なんとリビングに酔いつぶれた知らない男性が3人横たわって寝ていたそうです!

同居人の知り合いとは言え、面識のない酔っ払った男性が自分の家の中にいるなんて、ちょっと怖いですよね…。

シェアハウスで大切なのは同居人への配慮、思いやりです。

お友達を呼びたい人は、普通の賃貸を選びましょう!

 

2.「超」恋愛体質な人

常に激しい恋愛をしていないと満足できないの!という方も、シェアハウスには向きません。

まず、自宅に彼氏を呼べません。

じゃあ電話?

うーん、大声で話すとお隣のお部屋の方の迷惑になる可能性もありますよね。

それじゃあ小さめの声で…などと考えていると、ちょっと気を遣ってしまって大変そうです。

家に彼氏を呼んでイチャイチャしたい!

周囲への気兼ねなく電話したい!

そんな方は、シェアハウスではなく普通の賃貸のほうが気を遣わないですむでしょう。

 

3.ルールが守れない人

シェアハウスでは、それまでに育った環境の異なる人たちと一緒に住むことになります。

価値観や生活スタイルは人それぞれ。

そのため、みんなが気持ちよく暮らしていけるように、どのシェアハウスにもルールが決められています。

シェアハウスに住む男女を追った人気番組「テラスハウス」でも、住人の1人てっちゃんが、

他の人がゴミを捨てないから自分ばかりが捨てている、と不満を言うシーンがありました。

ゴミを捨てる、使ったものは元どおりに片付ける、自分が汚した場所は自分で掃除をする、など。

当たり前のことですが、きちんと守れない住人がいると、他の人が嫌な気持ちになってしまいます。

お互いを尊重しあいながら生活していきたいですよね。

ルールを守ることのできない方も、残念ながらシェアハウスは選ばない方がよさそうです。

 

 

以上、シェアハウスに住むのが向かない女子の特徴についてまとめてみました。

周りに迷惑をかけないよう気遣いができる大人女子でないと、シェアハウスでうまくやっていくのは難しいですね。

ただ、今は完璧ではなくても大丈夫。

頑張ろうという気持ちがあればOKです。

気遣い力というのは、慣れや環境によって育つもの。

シェアハウスで他人と一緒に暮らすという経験をすることで、周囲に気遣いする能力が

身につくというメリットもありますよ。

参考にされてみてくださいね!