そもそもシェアハウスって何?個室とドミトリーのメリットデメリット


そもそもシェアハウスとは何でしょう?

シェアハウスとは、ひとつの家に複数人で一緒に住むという生活スタイルや、その住居自体のことです。

Sponsered Link


 

▼そもそもシェアハウスって何?

2012年から2014年にフジテレビで放映されていた「テラスハウス」という番組もシェアハウスをテーマにしたもので、かなり話題になりましたね。

もちろん、この番組が始まる以前からルームシェアやシェアハウスという考え方は存在していましたが、どちらかというと海外の方の利用が多いというイメージがありました。

しかし、見ず知らずの男女6人が、海の近くのおしゃれな一軒家で共同生活する様子をオンエアした「テラスハウス」の影響で、トレンドに敏感な日本の若者たちの間でも認知度が一気に上がり人気が出てきたため、東京でも色々なタイプのシェアハウスが増えてきたのです。

 

▼個室・半個室・ドミトリータイプの3種類がある

シェアハウスは、基本的には「自分の寝るスペース」と「共有スペース」に分かれています。

自分の寝るスペースは、

①個室タイプ    (実家の自室のような、完全なプライベート空間)

②半個室タイプ   (カーテンやパーテーションで区切られた寝台列車タイプ)

③ドミトリータイプ (同室に2段ベッドなどが1~4つ置かれた合宿タイプ)

の3パターンがあります。

 

ドミトリータイプの場合は月額費用が一番安くなりますが、自分だけの空間が全くなくなってしまうため、かなり好みが分かれるところです。

特に友人や家族ではなく、見ず知らずの他人と同室になりますので、盗難やトラブル面も心配ですね。

プライベートな空間はなくてもいいからとにかくコストを安くしたい!

1人はさみしいから誰かが常に同じ部屋にいてほしい!むしろ交流したい!という方には向いているでしょう。

 

一方、個室タイプは、寝るときや着替えるとき、リラックスしたいときなどに完全に一人になることができるため、プライバシーを重視する日本人向きとなっており、現在最も主流の形態です。

部屋の広さは、郊外の場合6~9畳程度、都心の場合は3~4畳程度が多いです。

キッチンやトイレ、お風呂用品などは共有スペースにありますので、個室には生活感が出にくいというのも人気の要素のひとつ。

狭いワンルームに一人暮らしをしている場合、ベッドから生ゴミやトイレットペーパーなどがダイレクトに見えてしまうので、お部屋のおしゃれ感が落ちてしまいますよね。

個室タイプのシェアハウスでは、そういったダサいもの(笑)は共有スペースに置いておけるので、個室は自分好みのインテリアに統一し、自分だけの空間を作ることが可能です。

 

半個室タイプは、ドミトリータイプと個室タイプの中間です。

ロフトベッドを設置し、上は寝るスペース、下はデスクや収納スペース、というように分けていたり、

大きな部屋をパーテーションで区切っていたりと、ちゃんとした壁で区切られているわけではありませんが、カーテンなどがあるため、プライバシーはある程度守られる、というものです。

費用も、個室タイプとドミトリータイプの中間くらいになります。

 

▼シェアハウスの特徴とメリット

また、家具家電が備え付けられている点も大きな特徴のひとつ。

引越し業者に高いお金を払って、冷蔵庫やデスク、タンスなどの大きな荷物を持ってくる必要はありません。

自分の身体ひとつあれば、明日からでも入居することができるのです。

 

さらに、共有スペースであるキッチン、お風呂、トイレ、リビングなども、ワンルーム賃貸で一人暮らしをするときと比較すると、広かったり、高機能な設備を使用することができます。

一人暮らしの場合、カメラ付きインターフォンで、宅配ボックス付きで、システムキッチンで、浴槽は広くて、トイレはウォシュレットで、などと設備面に条件をつけていくと、びっくりするくらい価格の高い物件しか残ってきません…。

 

そして最も大きなメリットは、通常の賃貸に1人で住む場合と比べて、

初期費用(敷金・礼金・家具家電代など)と月額費用(家賃、電気水道光熱費、インターネット使用料)を

ぐっと抑えられるという点でしょう。

家賃は固定費(毎月必ず出ていくお金)ですので、無駄は省き、少しでもコスパよく済ませたいと考えるのが現代の合理主義女子。

ひと月あたり1万円違うだけで、2年間で24万円にもなります。

この浮いたお金で、海外旅行に行ったり、ブランドの洋服を買ったり、好きなアーティストのライブに行ったり、趣味にかけるお金を増やしたり、と賢く節約している女子も多いようです。

 

また、基本的には1ヵ月~などの短期入居が可能ですので、まずは住んでみてから本格的に予備校や学校、仕事を探したい、という方にもおすすめです。

保証人不要のシェアハウスもありますので、複数の不動産会社で何軒も物件を回ったり、親と一緒に契約に行ったり・・・

という煩わしい段取りを踏むことなく、新しい環境での勉強や仕事、生活を、気軽にスタートさせることができるのは嬉しいですよね。

 

▼シェアハウスは自分を成長させたい女子の強い味方!

このようにシェアハウスは、東京で新たな一歩を踏み出したい現代の女性にぴったりの生活スタイルと言えるでしょう。

 

・都会で暮らすことで自分を成長させたい!

・実家を離れて新しいことに挑戦・集中し、新たな自分に出会いたい!

・地元以外の世界を見ることで自分を磨きたい!

 

そんな、前向きな女子にぴったりなのが、コストを最小限に抑えて今すぐにでも東京で生活が始められる、シェアハウスの利用。

今よりももっと輝くために、ぜひ、新しい自分への最初の一歩を踏み出してみてくださいね。

Sponsered Link