ルームシェアのメリット・デメリット


賃貸かシェアハウスか悩んでいると、ルームシェアもいいかなぁと思い始める方も

いるのではないでしょうか。

賃貸とシェアハウスの中間のような住み方ですね。

いくつかのメリットがある一方、もちろんデメリットもあります。

シェアハウスとルームシェアの違い、メリットデメリットについてまとめました。

Sponsered Link


ルームシェアって?

ルームシェアとは、シェアハウス会社や管理人さんを通さずに、自分で不動産屋さんなどを通して

賃貸を契約し、その部屋を複数人でシェアして住むというものです。

もともとの友達同士で一緒に住んだり、ネットの掲示板でシェアメイトを募集したりすることが多いですね。

 

ルームシェアのメリットは?

・友達同士で住む場合:合宿のようで楽しい

メリットのひとつめは、楽しい、これに尽きます。

もちろん仲良しであるということは前提ですが、仲の悪い人とわざわざ共同生活をしようとは

考えないと思いますので、仲良しの友達と毎日楽しく過ごせる、というのはメリットのうちのひとつでしょう。

知らない人と一緒に住むなんてストレスになりそう…という方は、気心の知れた友人や兄弟とルームシェアを

するのがおすすめですね。

ただしネットで募集したシェアメイトと住む場合は、完全に知らない人になりますので、気が合う人かどうか、

安全な人かどうかなど、しっかりと確認をすることが大事です。

 

・好きな物件に住める

シェアハウスの場合、いくつかあるシェアハウス会社の、いくつかある空き室の中から部屋を選んで

申込みますので、設備などを自分でゼロから自由に選ぶことはできません。

しかし、ルームシェアの場合は賃貸契約の段階から自分たちで行いますので、自分たちで好きな場所、

好きな間取りのお部屋を選び、好きな設備・家電を置くことができます。

うまくコストの安いお部屋を見つけることができたら、シェアハウスに住むよりもリーズナブルに

住めるかもしれませんね。

ルームシェアのデメリット

・金銭的なトラブルが起きやすい

シェアハウスの場合は、管理会社にお金を支払い、管理会社のほうですべての管理を行ってくれますので、

シェアメイト同士で金銭のやりとりは発生せず、そういった面でのトラブルは生じにくい仕組みになっています。

ただしルームシェアの場合は、全てのお金のやりくりを自分たちで行いますので、家賃の負担割合や、

ガスや水道を相手のほうが使っているのに完全に折半は不公平だ、など、不満が出やすく、トラブルに

つながることが多くあるそうです。

 

 

・危険な目に遭うリスクがある

これはネットの掲示板などで見つけた知らない相手、特に男性とのルームシェアの場合です。

女性とルームシェアをしようと考える男性の中には、よからぬことを考えている人もいます。

男性とルームシェアをしたことのある女性の中には、突然キスされそうになったり、

襲われそうになったりという危ない体験をしている方も多くいるそうです。

知らない男性とのルームシェアは避けたほうが良いでしょう。

 

・相手が出て行った場合家賃が2倍になる

最もよくあるデメリットがこちら。

ルームシェアをする世代である10代後半から30代くらいというのは、恋愛も盛んな時期ですよね。

そのため、彼氏ができると同棲するために退去していってしまう人が多いようです。

そうすると、残された方はこれまで2人でシェアしていた家賃の2倍を支払わなくてはならなくなってしまいます。

代わりの人をすぐに見つけられればいいですが、ネットなどで募集すると、どんな人が応募してくるかわからないという難点がありますね。

大学を卒業するまで2年間は絶対一緒に住む、などと、お互いに最初に決めてしまえれば良いですが、それは同時に自分の自由もなくなるということ。

シェア生活を好きなときに始めて好きなときに終わらせたいと考えるのであれば、ルームシェアよりも

シェアハウスのほうが自由度は高いと言えるでしょう。

 

以上、ルームシェアのメリットデメリットをお伝えしました!

シェアハウスとルームシェア、どちらにせよ、賃貸で一人暮らしをするよりも、

共同生活をすることで協調性や気遣い力、思いやり、忍耐が身につくというメリットはありますね。

長い人生の中で一度くらいは経験してみるのも良いかもしれませんよ。

Sponsered Link