ソーシャルアパートメントとシェアハウスの違い


マイナビニュースさんの記事で、「ソーシャルアパートメント」という住居が紹介されていました。

Sponsered Link


▼ソーシャルアパートメントって?

http://news.mynavi.jp/articles/2016/06/05/socialapartment/

とにかくめっちゃおしゃれです。

キッチン素敵!

リビング広い!

いやいやほんと、めちゃめちゃ最高じゃないですか。

住みたいですよ明日からでも。

でもソーシャルアパートメントってなんだろう?

運営会社であるグローバルエージェンツ代表取締役・山崎剛氏のインタビューの中に答えがありました。

――ソーシャルアパートメントの特徴について教えてください

シェアハウスとの相違点についてお話しますと、シェアハウスは「割り算」の発想ですが、ソーシャルアパートメントは「足し算」の発想の物件です。本来であれば高額の賃料がかかる物件を分け合って使うのがシェアハウスで、プライベート空間が確保された上で、プラスアルファとしての共用空間を提供しているのがソーシャルアパートメントということです。

http://news.mynavi.jp/articles/2016/06/05/socialapartment/001.html

 

ふむふむなるほど。

普通のワンルームマンションに、共有部分として素敵おしゃれスペースを足してるってわけですな。

ん?ってことは…

 

▼ソーシャルアパートメントは、コスト重視ではなく充実したライフスタイル重視

――地域の相場と比較して、賃料は高くなるのでしょうか?

ワンルームマンションに共用スペースをプラスしていますので、必然的に相場より高い賃料設定にはなります。「NEIGHBORS 二子玉川」の賃料は7万円前後ですが、近辺のワンルームマンションの相場は5万円強ではないでしょうか。

 

やはりそうですか・・・

いやまぁこんなに素敵だったらそうなりますよね。

一応共有部分があるから、テレビとか調理器具とかは自分で買う必要ないんでしょうね。

そこだけは節約になるのかしら。

でもコスパ重視女子としては、家賃が高くなるのは求めてないんです!!

しかもこちら、2年単位とかで申し込まないとさらに値段が高くなるみたいです。

まぁ貸す側としては2年住みますって約束してもらえたほうが良いんでしょうけど、

2年後のことなんて約束できないですよね。もうアラサーですし。

 

・・・とはいえ、設備やオシャレ感はかなーり素敵なんですよね~

こんなライフスタイル一度でいいからやってみたい。

できることなら住みたいなぁ~無理かなぁ~

ということで、試しに詳細コストを確認してみました。

 

 

▼ソーシャルアパートメントに住みたい!かかる費用は?

「WORLD NEIGHBORS護国寺」

http://world-neighbors.com/apartment/

東池袋や目白近くの護国寺駅にある、「おしゃれなワールドネイバーズ護国寺」の賃料を調べてみました。

 

★マンスリープラン

初期費用 112,800円 

月額費用 113,300円 ※賃料、水道光熱費、火災保険込み

→ 初月費用合計 226,100円

 

★2年以上居住プラン

初期費用 94,800円 

月額費用 95,300円 ※賃料、水道光熱費、火災保険込み

→ 初月費用合計 190,100円

 

えっ・・・いやいや、高すぎじゃね?

そうか初期費用が高いのか・・・敷金や保証金ですね。

 

※ 保証金は退去時にクリーニング費用として30,000円(+税)を償却してご返却します。
※ 再契約時には、再契約事務手数料として15,000円(+税)がかかります。

 

あ、なーんだ!保証金は3万円以外は返ってくるのか!

でもさ、初月に20万円程度は一気に消えちゃうってことでしょ?

最初の出費としてはかなり大きい気がするのは私だけ?

例えば、同じく都心に位置するこちらのシェアハウスなら初期費用2万円+月額5~6万円ですよ?

12万円も違うのか~うーん・・・台湾軽く2回は行けるな(笑)

ということで、こんなに高いところ誰が住むんだ・・・と思っていたら、このアパートメント、現在満室らしいです!

世の中にはお金持ちがいるものですね~

私のような一般人には縁のない世界だったわ。

でもいつかこんな素敵な家に住みたいな~

 

以上、いつかは住みたい憧れのソーシャルアパートメントの紹介でした。

 

Sponsered Link