パスタを2分で茹でる!シェアハウスで便利な時短レシピ【管理栄養士監修】


シェアハウスではキッチンが共用です。
節約のためにも、料理の腕を上げるためにも、自炊はしたい!
でも、あまり長い時間コンロやシンクを占領すると、シェアメイトの迷惑になってしまうかも…
そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。
調理に時間がかからず、洗い物も少なくてすむ調理法があったら嬉しいですよね。

そんなシェアハウスで自炊をしたい女子のために、パスタを短時間で調理できるお役立ちレシピをご紹介します!

Sponsered Link


通常、スパゲッティは大きなお鍋で7〜8分茹でる必要があります。
これがなかなか…水の入ったお鍋を沸騰させて、乾麺を入れ、吹きこぼれないように注意して…と、意外と時間も手間もかかるんですよね。

これを、お鍋無し、時間はたった2分!で茹でられる方法があるんです。
しかも、普通に乾麺を茹でた時よりもモチモチの食感になり、まるで生パスタのような美味しさが味わえますよ。

レシピはこちら。

①水を張ったジップロックにスパゲッティを入れて浸す。
②2時間以上おく(朝家を出る時に浸けて夜食べるなど)
③水をきって熱湯を注ぎ、塩を入れてそのままレンジにで1〜2分加熱

なんとこれだけ!
生パスタのようなもちもち食感になりました。

レンジが使えない場合は、
・塩を入れた熱湯で1分ゆでる
・ソースを作ったフライパンでそのまま炒める
という方法も使えます。
3パターンもバリエーションが!便利!
熱湯で茹でた場合はよりモチモチになり、フライパンで炒めた場合はしっかりした食感になります。

ソースはレトルトパウチで手軽にすませても良いですし、麺を茹でるのに手間がかからない分、フライパンでしっかり手作りしても良いですね。

生パスタのようなもちもちとした食感になるので、カルボナーラやトマトクリームなど、濃厚なソースがよく合いますよ。

ぜひ試してみてくださいね!

Sponsered Link